投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

ピアノ&ヴァイオリンDuoライブのお知らせ

イメージ
素敵なカフェでのライブが決まりました♪




6月16日日曜日15時から、JR平井駅から徒歩7分のCafeSAKURAで、ヴァイオリンの早川愛美ちゃんとのライブです!

CafeSAKURAはお店の中に入った瞬間おとぎ話の世界に入ったような、ほっこりした空間の素敵なカフェです。ステンドグラスが綺麗、飲み物もお料理もおいしいです!


電子ピアノなので小品多めですが、電子ピアノならではのこともする予定です。
ピアノ以外の楽器にも挑戦します…!ドキドキ

誰もが聞いたことのあるクラシックの名曲を中心に、

超有名ではないけれど今回紹介したい素敵な曲→
モーツァルト:ピアノソナタ K311 第1楽章
ショパン:ノクターン第1番
シューベルト:ヴァイオリンソナタ D574 第1楽章

そしてクラシックのジャンルを飛び越えて、今回アイリッシュエア、アイリッシュダンスチューンにも挑戦します。

曲のことをお話ししながら演奏するので、クラシックに馴染みのない方にもおすすめです✨


お近くの方は是非ふらっと遊びにいらしてください♪
20名様限定なのでお早めの予約がおすすめです!


お問い合わせはyuiiwasakiconcert@yahoo.co.jp
まで♪



今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

完成度を上げるということ

ある程度弾けるようになったら…の話なのですが、


大体の音や動きが入ってくると、それで弾けた気になってしまいます。


でもここからがようやく本題なんです。


その曲で言いたいこと、イメージを強烈に持つこと。これは少し考えればできることだと思います。

曲の完成度をあげるために問題になるのは、




全部の音が聴けるようになること


これは、聴いているつもりとは違います。
聴いているつもりとは、
その音を聞いてみよう!と意識しているときは聴けるけど、そうすると他の音は聴こえなくなる、意識するのをやめるとまた聞こえなくなる、そういう状態なんかは、まさに聴いているつもり。


全部の音が聞けていると、ある音とある音の関係、各声部の絡み具合、ひとつひとつの音の役割まで感じ取れます。

ここでこっちの音とこっちの音がぶつかるな、ここはこの声部とこっちの声部が重なって一緒に動いているな、または逆行してるな、音がひとつ変わっただけで和音が変わってぱっと空気が変わるな、等々。


このような小さなおっ✨という発見を、できるだけたくさんしておくこと。

感動ポイントを見つけておくこと。

とても能動的な頭の使い方が必要なんです。

危険なのは、物理的にはもう弾けてるから、と、この発見作業をしないで、オートマチックにただ弾いていると、どんどん劣化してしまう、ということなんです。


音楽は生き物なので、オートマチックにただ同じことをするだけ、というのは、
子どもに毎晩同じメニューの晩御飯を食わせるようなものです。
もしも数ヶ月間毎晩ミートソーススパゲティーだったら…
練習もいつもいつも同じメニューだったら…劣化してしまうというイメージ、わかりますか?


(※これはあくまである程度弾けるようになったら、の話です。何回も同じ練習をしなさい!と言われたそこの君、残念でしたー!😂君は何回でも同じ練習をやってくださいね)


全ての音が聞けるようになるまでは大変ですが、それができるようになると、自ずとその曲の言いたいこと、イメージもつかめてくると思います。



今後の出演情報はこちら プロフィール、レッスン情報はこちら