投稿

ピアノ&ヴァイオリン&ちょこっとアイリッシュハープDuoLiveのお知らせ

イメージ
カフェコンサートのお知らせです。



いつもの相棒、ヴァイオリンの早川愛美さんと、
グランドピアノがあり、お洒落で、それでいてアットホームな空間、カフェ七草十花さんでのライブです。

この間下見で試し弾きさせていただいたのですが、とっても良い感じに響くので、今から楽しみです!

クラシック中心ですが、ジャズアレンジあり、アイリッシュありの盛り盛りな内容になる予定です!
またアイリッシュハープもかついで持っていく予定です♪
私の拙いアイリッシュハープが聴けるのはこういったカフェコンサート限定なので、ご興味のある方は是非✨笑

良い曲がそろい、楽しいプログラムになりそうです♪


10月26日(土)
18:30open  19:00start
¥2500(1ドリンク+ケーキ付きなので、ご飯は済ませてきてください♪)
七草十花(都営新宿線大島駅より徒歩5分)

お問い合わせは
yuiiwasakiconcert@yahoo.co.jp
までお願いいたします♪



今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

2日連続の本番でした

イメージ
8月31日はピアノを教えに行っている楽器店の講師コンサートでした。


私はモーツァルトのソナタK311第1楽章とショパンのバラード第1番を弾きました。

演奏にはどこまで行っても終わりがなく、むしろもっとこうできたらなぁ…というのが増えていくばかり。
でもその度に面白さも増えていきます♪


楽屋で髪の毛をセットしてもらいました。自分のリサイタルですらなかなかセットまでできないので、記念に撮影。
終演後、帰宅してからなので少し崩れてしまいましたが💦




そして9月1日は東部地域のうたごえ合唱発表会でした。
東部地域の合唱発表会は本当に楽しい!
どの団体も上手だし、すごく楽しそうだし、少人数で出てるところもあったり、講師たちだけでアカペラやったり、遊びに溢れた楽しいイベントです。
私は5団体伴奏して、講師のアカペラにもぶっつけで混ぜてもらいました。


2日間、濃厚な日が続き、ヘトヘトですが、少し休んだらまた次の目標に向けて頑張ります!


今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

良い演奏というその一点を狙う難しさ

イメージ
また投稿に日数が空いてしまいました💦


これからの夏~秋にかけて楽しみな本番がたくさんあります!


楽しみなのはもちろんなのですが、それだけ準備もしっかりしておかないと、これだけの本番の数はこなせません。


ということで、ここ最近は一生懸命練習をしていました。こうゆうときは投稿が滞ります💦


それで、一生懸命練習してる中で大事な気付きがあったので、こちらに書いておこうと思います。





以前人に言われて、とても印象に残っている言葉があります。それは、

「一歩間違えると安っぽくなってしまう」

という言葉。

その時の私の状態に当てはまるものがあって、今でも記憶に残る言葉です。


ただ、これってすごく難しくて、
自ら進んで一歩間違える人なんて誰もいないんです。

大抵は、知らず知らずに最初の一歩を間違えて、知らず知らずに進むうちに、あれ、なんか違っちゃった!っていう感じだと思います。


しかも、最初から一切一歩も間違えないという人もいないと思います。

誰でも一歩くらいは間違えるもので、でもその微妙に違っちゃった一歩を、その時点で気付いて修正できるか、ということが大事なんだと思います。
それを放っておいたまま、もしくは気づかないまま進んでしまうと、しばらく来た頃には本来やりたかったこととは全然別物になっちゃうよ、ということ。




なぜこの話になったかというと、

この夏、一生懸命練習する中で、
思いっきり2~3歩間違えたからです笑


しかもその間違えかた、今までにも何度もやったことのあるものでした。


ちょっとぴりっとした嫌な感じ。
あ、これ、このままいくと本番うまくいかない。
弾きこんでる曲だから大失敗はしなくても、いい演奏には確実にならない、
と直感しました。

具体的に言うと、
できてないところばかり目が行く、イライラする、曲の世界にすっぽり入りきれない、役になりきれない。


できないところに目をむけるのは大事なことなのですが、ちょっと追い込みすぎて、自分で自分にうんざりしちゃった感じ。


なので、メインで取り組んでいたものをここ3日ほど一切弾かないでみました。
ソロの演奏を仕上げるときはこうゆうことはあまりやらないのですが、今回は実験。


変わりに別の曲を丹念に練習したり、映画見たり、風の谷のナウシカのマンガ版を読んだりしていました。

↑超おもしろい!


これが吉と出るか凶と出るかわかりませんが、少…

ハノン

イメージ
ピアノを弾く人が必ず使う教材

ハノン

子どもの頃からの定番中の定番とも言えるテキストですが、
最近改めてハノンを引っ張り出して弾いてみています。


1番~31番は指の細かい動きが多いので、5本指をちゃんと思い通りに使える、小回りがきくようになる練習曲です。


他にもオクターブを柔らかくつかめる練習や、和音をつかむ練習などありますが、


私は、これを移調してやっています。


これだけで難易度がガツンと上がります。

黒鍵が挟まってくることで山あり谷ありで、がたつきやすくなるので、手の角度や力の入れ具合を常に意識しないといけなくなるのです。


なんてやってるうちに、固くなってた手や腕の筋肉はだんだん柔軟に、鍵盤にフィットするようになってきます。


曲を弾いているとどうしても筋肉の力みが偏りがちですが、それをリセットして、音楽の流れではなく、もう一度自分の身体に焦点を向けてみるのに、ハノンはとても良いです!



基礎練習の代表格であるハノンですが、
(声楽でいえば発声練習みたいなものですね)

基礎と応用は、分けられるものではないと私は思っています。

ハノンって、音はとても単純なので、何も考えないで指を回して弾けちゃうのですが、
そうゆう意味のない反復というのは、応用に繋がりにくい(実際の演奏に繋がりにくい)です。


本当の意味での基礎練習というのは、実はすごく応用的にやらなければならなくて、

ハノンもそうゆう観点(力み具合や手の角度を観察したり、移調したり)で使うことで、より効果が出ると思います。




今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

やめてみることのすすめ

楽器を弾くことそのものに一生懸命になってるときって、大体は前のめりに必死になって、余分な力が入ってるんですよね。


こうゆうときって、
前のめりになるのをやめてみる、
という選択肢が自分ではなかなか選べなかったりします。


私はハープを弾いていてたまに意識することがあって、
弦を指ではじくとき、指の肉がやわらか~いイメージをするんですね。

そうすると、ぷるんと弦をはじけて、ぽーんといい音が鳴ったりします。


このイメージは、ピアノを弾くときにも使えます。手の中の力を抜いて、指の肉がやわらかいイメージ。


そうやって、ぎゅっとしていたものをやめてみると、柔らかい音、大きい音、広い音、流れる音など、欲しかった質がちゃんと出てくるんですね💡


もちろん、新しい曲を習得していく過程の中で、当然必死にはなるし、前のめりになるし、力は入ります。ある程度は必要なことです。


でも、ここだ!というタイミングでそれをやめると、元々欲しかった質やイメージが、
余分な力によって止められることなくするすると素直に出てくるような気がします✨



今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

女性が弾くピアノ

イメージ
ピアノって、そもそも男性用の楽器だってご存じですか。



ヨーロッパの男性の大柄な体型に合わせて発展し作られてきたピアノ。鍵盤の大きさも重さも男性用に設計されています。


そしてそんな男性たちによって作られた作品を演奏するわけですが、当然、筋力があって、手が大きいという前提で書かれた作品が多いです。

しかも、そういった物理的な問題だけではありません。


クラシック作品は、ヨーロッパの教会さながらの、立体的な構造のものが多く、それを理解するには、男性的な理詰めの視点が必要。男性の脳から生まれたものなので男性的な脳ミソで考えないといけないわけです。


ホロヴィッツは、女と東洋人にピアノは弾けないと言ったそうですよ。

(うっせ!)

これはさすがに言い過ぎですが、不利であることは確かだと思います。


私自身も、大柄な男性との音量・技量の差に随分悩まされました。

結局のところ、音がデカイ人が勝つ世界なので、
一時期は負けじ!とガンガン弾いてたら、腕も痛くなるし、なにより精神的に疲れてきて、なにひとつ上手くいかなくなってしまいました。


そもそも対抗しようとすること自体間違っています。
対抗したところで最初から勝てるはずのない戦いはするべきではありません。


それで、私はどうしたかというと、徹底的に自分の身体に寄り添うことにしました。

自分の身体を、本来と違うサイズ、違う質に無理矢理持っていくのではなく、

まず本来の状態であることを許しました。

そして、その本来の状態、力まなくても良い自然の状態を優先して、その範囲でできる表現をしました。

それを実践していた当時は、相当薄くて平たい表現になっていたと思います。

そして、よく食べよく眠りよく弾いているうちに、体重が増え、身体に厚みが出てきました。その体重を全部鍵盤に乗せれば、そこそこ音が出るようになりました。
とはいえ、やはり男性のようにはいきません。

でもそれでいいと思っています。
今の自分の身体に一番フィットした表現であることが大事なんです。
それは聴き手に説得力として伝わります。



女性が成長するためには、

ひたすら自分の内側と向き合うことです。

ヨガとかをやっているときの感覚に近いですね。ヨガが好きな女性は多いですが、男性はあまり理解できない人が多いように思います。

それは当然のことで、自分の内側と向き合うことがそもそもあまり必要ないのだ…

6月30日ピアノコンサート終了しました

先日、子供の頃習っていたピアノ教室のコンサートがありました。
私は未だに出続けていて、5歳の時から皆勤です。


教室の生徒さんの親御さんがビデオを撮ってくださっていたので、こちらに載せておきます。


2019.6.30 ショパン:バラード第1番



今回弾いたのはショパンのバラード第1番。
小さい手を目一杯広げて弾いてきました!


この曲、実は大学2年生くらいのときに1度弾いたので、10年ぶりくらいの再挑戦です。


大好きな曲なのに、10年前は本当に色々なことが追いついてなくて、表面的には弾ききった!感は出していたものの、聴き手にちゃんと伝わるような質のものではなかったな~とずっと思っていた。


今回は、私の思っていることが、ちゃんと「聴き手にわかるように」伝えることを心がけてみました。


といっても、それってなかなか難しくて、弾き手は聴き手じゃないから、どうしても弾き手目線で音楽を作っちゃうんですよね。


でも、昨年のリサイタルを通じて、「聴き手にわかるように」伝えるには何をすれば良いのか、ということを知りました。

なのでそれを実践してみました。


ひとつは、しつこいくらい録画練習をすること。

そして、音のこと、仕草、姿勢など、気になったことやできなかったこと、その対策をしつこいくらいノートに書き起こすこと。



そして、風景や場面などを具体的に想像できるようにしておくこと。

例えばこのバラードの前奏が終わって第1主題が出てくるところは、戦争か何かで傷ついた人がひとりで歩いているシーンで、場所はごつごつした岩場の多い荒野で、乾いた風が吹いています。時間は夜で、寒いです。多くのものを失って絶望しているし、恨みを抱えています。

私の頭の中の物語では、この後、悪魔とかも出てきます。


小説書けちゃいそうなくらい、しつこく設定を考えました。


ただ、これを本当に小説にしちゃうと、1個も救いのない悲惨な物語になってしまうので…やめておきます😄💦


内容が気になるという物好きな方がいらっしゃれば、お気軽にお尋ねください笑





今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら