投稿

2回同じプログラムで演奏することの難しさ

イメージ
2回同じプログラムで本番を迎えることの難しさをこの夏感じたので、ここで共有しておこうと思います。

今回は特に1回目がそこそこ良い形で終えられた場合、です。


まず、音楽を作っていく上で、その曲の世界ではどんな天気なのか、暑いのか寒いのか、朝なのか夜なのか、乾いているのか湿っているのか、一人なのか大勢なのか、など、細かい背景や設定まで考えてみると良いという話は前の記事にも書きましたが、

1回目の本番ではそういったことが新鮮に感じられても、
2回目を迎えるにあたって慣れや飽きが出てしまい、薄らいでしまうことがあります。



それから、これは特に真面目な性格の人の場合かもしれませんが、2回目なので、1回目でできなかったことを克服し、完璧を目指そうとします。

完璧を目指すこと自体は悪いことではないんだけど、イメージや設定が薄らいでいる状態がセットになっているのが落とし穴。


表面的な技術を、力業でどうにかして完璧を目指そうとすると、思っているのとは逆方向に行ってしまいます。


イメージや設定に身を委ねることを忘れて、作為的に良い演奏を「しにいっちゃう」んですね。
その結果、力みが生じて、全体的にぎこちなく、つまらない感じになってしまいます。


この辺りが2回同じプログラムを演奏する上で、私自身がつまずいてしまった部分です。
そして、以下、実際にやった対処法。



そもそも、本番は練習通りになんて行きません。練習の積み重ねは大事だけど、本番はその日その時の一本勝負なので、そこで身体の内側(≒心)が動いていることが大事なんです。
貯金はできません。だから、その日その時を信じきって、その時の空気に、身体に、感覚に、力を抜いて委ねるしかないです。


身を委ねる一番の手助けになるのは、やっぱりイメージや設定。今一度、思い返してみましょう。ただ頭で思うだけではなく、肌感覚として、生々しく想像できるように。


そして実際音だしするときは、1回目の本番の時よりも、むしろ今までで一番新鮮に、身体から湧き出でてくるのを感じて。

湧き出させるのではなく、湧き出てくるんですよ。

少しでも飽きを感じたら、一度距離を置いて、新鮮に湧き出てくる感じ、演奏したくてたまらなくなってくる所まで、待ってみる。

待っても出てこなかったら、本を読んだり良い映画を見たりして、まず身体の内側を動かしてあげる。

そんな本番前に練習しないで…

高齢者福祉施設での演奏

今日はヴァイオリニストの秀川みずえさんと、中野の方にある高齢者福祉施設で演奏してきました。

千葉の音楽教室で一緒の秀川先生とは、全プログラムがっつりご一緒するのは初めてだったので、とても幸せな時間になりました✨


写真はありません。いい加減写真撮る習慣を身につけろっていう話ですよね💦


少しでも、聴いてくださった方の心を動かせていればいいな、と思います。


人前に立って演奏したりお話ししたりする側としては、お客さんが笑顔で話を聞いてくれたり、何かしら反応をしてくれるととても嬉しいし、舞台を進めやすくなったりします。


日頃、皆様をお招きして開催する自主企画のコンサートでは、そんな皆様にたくさん助けて頂いて、良いステージを作れているので、本当に感謝しかありません。


そういったファンの皆様を大事にしていくのはもちろんなのですが、そうでない場にも分け入って演奏しに行くこともとても大事だなと改めて感じました。


最初から心が開いている人は、なにもしなくたって自分から楽しいところに出かけていって、楽しいものを見つけることができるんです。

でもそれが出来ない人だっている。

本当に音楽が必要とされる場とは?ということです。

笑顔で人の話を聞いたり、相手に対して反応を示す、というのは、ちょっとしたことなようでいてとてもエネルギーが要ります。エネルギーがもともとある人でないと出来ないんです。

そこにエネルギーを割けない人たち。
そこにこそ、エネルギーを届ける必要があるんじゃないかな。


もちろん、1回や2回で全員の心が開くほど簡単な問題ではないけれど。出来る範囲でもやることが大事だな、と思いました。


でも、今日は涙を浮かべたり、真剣な目で聴いてくださる方もたくさんいて、
忙しい時期で無理矢理予定を詰め込んで臨みましたが、やっぱり演奏させていただけて本当に良かったです。これこそ音楽の原風景です!



プロフィール、レッスン情報はこちら
今後の出演情報はこちら


ピアノ&ヴァイオリン&ちょこっとアイリッシュハープDuoLiveのお知らせ

イメージ
カフェコンサートのお知らせです。



いつもの相棒、ヴァイオリンの早川愛美さんと、
グランドピアノがあり、お洒落で、それでいてアットホームな空間、カフェ七草十花さんでのライブです。

この間下見で試し弾きさせていただいたのですが、とっても良い感じに響くので、今から楽しみです!

クラシック中心ですが、ジャズアレンジあり、アイリッシュありの盛り盛りな内容になる予定です!
またアイリッシュハープもかついで持っていく予定です♪
私の拙いアイリッシュハープが聴けるのはこういったカフェコンサート限定なので、ご興味のある方は是非✨笑

良い曲がそろい、楽しいプログラムになりそうです♪


10月26日(土)
18:30open  19:00start
¥2500(1ドリンク+ケーキ付きなので、ご飯は済ませてきてください♪)
七草十花(都営新宿線大島駅より徒歩5分)

お問い合わせは
yuiiwasakiconcert@yahoo.co.jp
までお願いいたします♪



今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

2日連続の本番でした

イメージ
8月31日はピアノを教えに行っている楽器店の講師コンサートでした。


私はモーツァルトのソナタK311第1楽章とショパンのバラード第1番を弾きました。

演奏にはどこまで行っても終わりがなく、むしろもっとこうできたらなぁ…というのが増えていくばかり。
でもその度に面白さも増えていきます♪


楽屋で髪の毛をセットしてもらいました。自分のリサイタルですらなかなかセットまでできないので、記念に撮影。
終演後、帰宅してからなので少し崩れてしまいましたが💦




そして9月1日は東部地域のうたごえ合唱発表会でした。
東部地域の合唱発表会は本当に楽しい!
どの団体も上手だし、すごく楽しそうだし、少人数で出てるところもあったり、講師たちだけでアカペラやったり、遊びに溢れた楽しいイベントです。
私は5団体伴奏して、講師のアカペラにもぶっつけで混ぜてもらいました。


2日間、濃厚な日が続き、ヘトヘトですが、少し休んだらまた次の目標に向けて頑張ります!


今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

良い演奏というその一点を狙う難しさ

イメージ
また投稿に日数が空いてしまいました💦


これからの夏~秋にかけて楽しみな本番がたくさんあります!


楽しみなのはもちろんなのですが、それだけ準備もしっかりしておかないと、これだけの本番の数はこなせません。


ということで、ここ最近は一生懸命練習をしていました。こうゆうときは投稿が滞ります💦


それで、一生懸命練習してる中で大事な気付きがあったので、こちらに書いておこうと思います。





以前人に言われて、とても印象に残っている言葉があります。それは、

「一歩間違えると安っぽくなってしまう」

という言葉。

その時の私の状態に当てはまるものがあって、今でも記憶に残る言葉です。


ただ、これってすごく難しくて、
自ら進んで一歩間違える人なんて誰もいないんです。

大抵は、知らず知らずに最初の一歩を間違えて、知らず知らずに進むうちに、あれ、なんか違っちゃった!っていう感じだと思います。


しかも、最初から一切一歩も間違えないという人もいないと思います。

誰でも一歩くらいは間違えるもので、でもその微妙に違っちゃった一歩を、その時点で気付いて修正できるか、ということが大事なんだと思います。
それを放っておいたまま、もしくは気づかないまま進んでしまうと、しばらく来た頃には本来やりたかったこととは全然別物になっちゃうよ、ということ。




なぜこの話になったかというと、

この夏、一生懸命練習する中で、
思いっきり2~3歩間違えたからです笑


しかもその間違えかた、今までにも何度もやったことのあるものでした。


ちょっとぴりっとした嫌な感じ。
あ、これ、このままいくと本番うまくいかない。
弾きこんでる曲だから大失敗はしなくても、いい演奏には確実にならない、
と直感しました。

具体的に言うと、
できてないところばかり目が行く、イライラする、曲の世界にすっぽり入りきれない、役になりきれない。


できないところに目をむけるのは大事なことなのですが、ちょっと追い込みすぎて、自分で自分にうんざりしちゃった感じ。


なので、メインで取り組んでいたものをここ3日ほど一切弾かないでみました。
ソロの演奏を仕上げるときはこうゆうことはあまりやらないのですが、今回は実験。


変わりに別の曲を丹念に練習したり、映画見たり、風の谷のナウシカのマンガ版を読んだりしていました。

↑超おもしろい!


これが吉と出るか凶と出るかわかりませんが、少…

ハノン

イメージ
ピアノを弾く人が必ず使う教材

ハノン

子どもの頃からの定番中の定番とも言えるテキストですが、
最近改めてハノンを引っ張り出して弾いてみています。


1番~31番は指の細かい動きが多いので、5本指をちゃんと思い通りに使える、小回りがきくようになる練習曲です。


他にもオクターブを柔らかくつかめる練習や、和音をつかむ練習などありますが、


私は、これを移調してやっています。


これだけで難易度がガツンと上がります。

黒鍵が挟まってくることで山あり谷ありで、がたつきやすくなるので、手の角度や力の入れ具合を常に意識しないといけなくなるのです。


なんてやってるうちに、固くなってた手や腕の筋肉はだんだん柔軟に、鍵盤にフィットするようになってきます。


曲を弾いているとどうしても筋肉の力みが偏りがちですが、それをリセットして、音楽の流れではなく、もう一度自分の身体に焦点を向けてみるのに、ハノンはとても良いです!



基礎練習の代表格であるハノンですが、
(声楽でいえば発声練習みたいなものですね)

基礎と応用は、分けられるものではないと私は思っています。

ハノンって、音はとても単純なので、何も考えないで指を回して弾けちゃうのですが、
そうゆう意味のない反復というのは、応用に繋がりにくい(実際の演奏に繋がりにくい)です。


本当の意味での基礎練習というのは、実はすごく応用的にやらなければならなくて、

ハノンもそうゆう観点(力み具合や手の角度を観察したり、移調したり)で使うことで、より効果が出ると思います。




今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

やめてみることのすすめ

楽器を弾くことそのものに一生懸命になってるときって、大体は前のめりに必死になって、余分な力が入ってるんですよね。


こうゆうときって、
前のめりになるのをやめてみる、
という選択肢が自分ではなかなか選べなかったりします。


私はハープを弾いていてたまに意識することがあって、
弦を指ではじくとき、指の肉がやわらか~いイメージをするんですね。

そうすると、ぷるんと弦をはじけて、ぽーんといい音が鳴ったりします。


このイメージは、ピアノを弾くときにも使えます。手の中の力を抜いて、指の肉がやわらかいイメージ。


そうやって、ぎゅっとしていたものをやめてみると、柔らかい音、大きい音、広い音、流れる音など、欲しかった質がちゃんと出てくるんですね💡


もちろん、新しい曲を習得していく過程の中で、当然必死にはなるし、前のめりになるし、力は入ります。ある程度は必要なことです。


でも、ここだ!というタイミングでそれをやめると、元々欲しかった質やイメージが、
余分な力によって止められることなくするすると素直に出てくるような気がします✨



今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら