ショパンと第9

以前、ベートーヴェンの第9についてこんな記事を書きました。

たまたま講義で第9を取り扱ったので気づいたのですが、
今やっているショパンのソナタ3番、ちょっと第9と似たものを感じるのです。


もちろんショパンがこの曲を作曲する際に第9を参考にしたなんて話は聞かないですし、きっと参考にはしていないと思います。


でももしかしたら影響あるかもなー、ないとは言い切れないなー、と思うのは、


ベートーヴェンという存在はクラシックの歴史上とても大きなもので、
特にそれは交響曲の分野で偉大なのです。

後の時代の作曲家が交響曲を作るとき、あからさまに多くの人がベートーヴェンを意識しています。

演奏する人数も作品の規模も大きい交響曲。
ベートーヴェンは交響曲で斬新な試みをする前に、ピアノソナタで新たな手法を実験してい
ました。

交響曲とピアノソナタは構造上似てるので、ピアノソナタで試してうまくいったら交響曲でも使おう!みたいな感じですね。


でショパンなのですが、この人は全作品中そのほとんどがピアノ作品、という人なので、

他の多くの作曲家が交響曲を構造美の最終目的地と位置付けて、ベートーヴェンを意識しつつ、一所懸命取り組む中、

彼は交響曲を書いていないのです。

なのでもしかしたらショパンにとっては、ピアノソナタが構造美の最終目的地(≒交響曲のような位置付け)だったかもしれません。

そしてこの3番のソナタはショパンの生涯最後のピアノソナタであることと、(死の5年前の作品)

第9もベートーヴェンの死の3年前、生涯最後の交響曲であるという共通点。

晩年の時期に達したとき、構造美を最大限に引き出すジャンルで、一流の作曲家は一体何を表現したいだろう?


ちょっとだけ共通点が見えてきたところで、次に続きます♪





今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

このブログの人気の投稿

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

小さい手でピアノを弾く

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

おぞましさと憎しみと

ピアノの練習の仕方