広島・原爆の日

72年前の今日は、広島に原爆が落ちた日。


今伴奏に行っている、合唱団この灯で取り組んでいるのがこちら
カンタータ「この灯を永遠に」


広島に落ちた原爆のことを描いた音楽作品ですが、この物語の中に出てくる原爆の火を上野の東照宮に灯す会というのがあり、
合唱団この灯は、毎年この時期の大体この日に行われる灯す会のイベントで、カンタータの一部を演奏しています。

忙しい毎日の中で、ともすればうっかり見過ごして過ぎ去ってしまいそうなこの特別な日に、こんな風に演奏に関われるのは私にとっても大事なひととき。

じっとりと暑いこんな日に原爆が落ちて、いろんなものにまみれて、さぞ気持ち悪かっただろうな。


今日も日課で、ストレッチのようなヨガのような、瞑想のようなただ寝転がるだけのようなことをゆるゆるとしていたら、
とくとくと心臓が打つ音が聞こえてきて、その震動が身体全体に波打つのを感じました。

これだよね。奇跡のようなこの動き。自分の意思や思いなんてものをはるかに越えたところからやってくるもの。

ありがたいなあ。


でもこれを8時15分の一瞬で全部止めたんだよなあ。

怒り?恐怖?畏れ?悲しみ?
あまりのことでよくわからないですよね。


精一杯演奏してきたいと思います。



その前に!

会場は三ノ輪なので、三ノ輪に来たら抜かりなくここへ!

天然酵母のとっっってもおいしいパン屋さん、
カフェむぎわらい♪






今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

小さい手でピアノを弾く

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

おぞましさと憎しみと

合唱ピアニストのお仕事

ピアノの練習の仕方