ヴァイオリンソナタ「雨の歌」~7月8日コンサートから

7月8日
ピアノとヴァイオリンによるサロンコンサートから

今日はブラームス作曲ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」をご紹介したいと思います!

今回のコンサートの曲目の中で、最もクラシックらしい作品。

というのも、ソナタ形式といって、とても構造がしっかりした曲なのです。

「雨の歌」という題名は、第3楽章の冒頭のメロディが、ブラームス自身による歌曲「雨の歌」「余韻」に基づいているからです。
ブラームス自身は雨の歌とは呼んでいないそうですが。

7月8日は1楽章のみなので、雨のイメージとは直接関係ないのですが、

私自身は明るいお天気雨のイメージで演奏しています♪
ちょうど今回のチラシの背景のイメージ。

この曲は、ブラームスがペルチャハという、ヴェルター湖畔の避暑地で作曲したもの。

※写真はイメージです

うん、湖面がきらきら光っているイメージもしっくりくるな。

いずれにしてもとても穏やかで爽やかな曲です♪


※お席の状況ですが、
前半の部は満席となりましたが、増席可能です。
でもちょっと狭めかも、、

後半の部も残席わずかです!

お問い合わせは
yuiiwasakiconcert@yahoo.co.jp
まで♪


プロフィール、レッスン情報はこちら

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

小さい手でピアノを弾く

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

おぞましさと憎しみと

ピアノの練習の仕方