譜読みが苦手というあなたへ

音楽を演奏するのは楽しいですよね!


弾ければ…笑


弾けるようになるまでに、譜読みに時間がかかってしまって嫌になる、という人は多いと思います。
特に子どもさんに多いと思う。

譜読みができないから、初見(初めて見る楽譜を、完璧じゃなくてもいいからそれなりに形にして演奏すること)の練習を取り入れるケースもありますが…

それももちろん効果的ですが、
譜読みの能力と初見の能力は、似てる部分もありますが違う部分もあります。

初見は、僅かな時間でその音楽の根本をとらえて、全部きっちり楽譜通りじゃなくても根本を音にできること。音の省略も場合によってはOK。
つまりは的を射たてきとー弾きです。

それに対して譜読みは、僅かな時間でと限られているわけではない。
その代わりてきとーではなく、書いてある情報の全てを読み取り、その意味を理解し、一言一句間違えず音を身体に落とし込んでいく作業。割りと根気がいるのです。


そう、根気。
あと、落ち着き。落ち着いて楽譜を見る。


初見は、落ち着きと慣れと感覚。

初見でてきとー弾きのクセがついちゃうと、逆にしっかりとした譜読みができなくなるなんてこともあるかもしれません😞

じゃあどうすればいいのでしょう。

とっておきの秘策があります!

それはね…




落ち着いて楽譜を見て

根気強く何度も練習する

それを毎日やる


それだけです😄がっかりした?笑

裏技はありません。先生にレッスンで微調整はしてもらうにしても、自分でできることはもうこれしかないんです。


でもそれを毎日やれば、簡単な曲ならすぐに弾けるようになりますよ!

1日で全部やろうとか思わないでね❤
ものすごく気が滅入るから。


きっと1回1回の練習の手応えは大したことないでしょう。
でもそれが1週間、1か月と続くと、とんでもない差が生まれていくのです。

1日100円貯めれば1年で36500円でしょ。
奮発して1日1000円貯めれば365000円でしょ!
ざっくざくですよ!

練習ができないなら楽譜を眺めるだけでも良い。
とにかく1日のうちに少しでも、その曲に触れる時間を作るんです。

別に曲が弾けたからってどうってことないですよ。だから別にそれができなくたって大したことないです。できなくても全然問題ないです。

でも、それができるようになりたいと思うなら、やるしかないですよってこと。

あとはあれね、
本番でかっこよく演奏してる自分を想像してワクワクしてみたり、
出来上がり図を明確に想像しておくと、毎日コツコツがそこまで苦痛じゃなくなると思います。

譜読みが苦手な人はちょいと根気を出して試してみてください😌




プロフィール、レッスン情報はこちら
今後の出演情報はこちら

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

小さい手でピアノを弾く

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

合唱ピアニストのお仕事

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

リサイタルが終わりました

いよいよです!