おぞましさと憎しみと

合唱団この灯演奏会
いよいよです。



もう一度改めて、よーく「カンタータこの灯を永遠に」を見直してみる。
いろんなことを見直してみる。


原爆のことを扱ったこの作品、
改めて、

私たちが表現しようとしているもののあまりの重さに、しばらく動けなくなってしまいました。


どれだけおぞましかっただろう。
どれだけ憎かっただろう。


それを全て受け止めた上で、希望の物語として、舞台で表現したいと思います。
私は全体のサポートでありながらも、前に出て表現する場面もたくさん。

舞台の上でしっかり呼吸をしたいと思います。



奇跡的にまだ自由席はあるとかないとか?
ちゃんと把握してないのですが、ご興味のあるかたは私までご一報ください。


本当に、少しでも多くの方に聴いていただきたいです!
どうぞよろしくお願いいたします。


ふう…書いている間に落ち着いてきました笑




カンタータ「この灯を永遠に」についてはこちら




プロフィール、レッスン情報はこちら
今後の出演情報はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

小さい手でピアノを弾く

ピアノの練習の仕方

ショパンと第9

今後の出演情報のお知らせ