風景

昔はよくわからなかったんたけど、私風景を見るのが好きです。

特に自然、その中でも水関係(川、海、湖、滝…)は好き。空や大地(山や岩)もいい。


今までで特に印象に残っているのが、


長野県上高地の透き通った川の色、音
山の雄大さ


アメリカ・セドナの赤い岩の色

セドナの写真はこちら


この間金沢行った時に見えた、遠くに山が連なっている様子

(写真ないけど、本当に180度連なっててすごいの!)

近所の川と夕陽





話が変わるのですが、パフォーマンスを向上させるために何をすれば良いか?
ひとつは練習すること

そしてもうひとつ
これはとても大事なことだけど、誰も教えてくれないし、自分でつかむにはあまりにも抽象的すぎるもの


リラックスすること。


それも、緊張したときだけ都合よくリラックスとかじゃなくて、
常日頃から、リラックスの状態に入る練習をしておく必要があります。

私は練習に入る前には必ずそういった時間を取って、自分に戻ってから演奏に入るのですが、

そのときにこの印象に残った風景というのがとても助けになることがあります。


川の流れる感じ
自分の身体の中をこんな清流が流れていくイメージ
どんどん身体の内側が綺麗になっていくイメージ

セドナの赤い岩
大地との一体感。しっかり下につながっている感覚。

山の連なり
視野の広さ
世界の広がり、空間の広がり具合


こういったものを前にしているとき、ぐっと肩をいからせ、お腹を固めて身体を小さくして緊張している、ということはありえないんです。


その場の空間に合わせて自分の身体も広がるでしょうし、自分の中の滞ったエネルギーも川が流れるのと同じように流れ始めるでしょうし、大自然にすっぽり包まれている安心感を感じるでしょう。

何も曲が水だの山だのを表現した曲でなくても、こういうイメージはどんなときでも使えます。


なのでこういった風景には、お金をかけても出会いに行くことを惜しみません!
もちろんお金なんかかけなくても、近所の川でもふと見上げた空でも、びっくりするくらい綺麗なことがあります。

今日の川はきらきらして澄んでいてとても綺麗ですよ♪

そのイメージをよーく覚えておく。
その積み重ねが、リラックスに繋がります。

もちろん、リラックス状態を得るのには他にもいろいろなやり方があると思いますが、私はこんな感じでつかんでいます💡



プロフィール、レッスン情報はこちら
今後の出演情報はこちら

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

小さい手でピアノを弾く

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

おぞましさと憎しみと

合唱ピアニストのお仕事

ピアノの練習の仕方