瞑想の時間

私は練習前に必ず自分をゼロに戻す時間を持っています。

練習は、一見積み重ねのようでいて、同時に一回一回それまでの固定観念を壊していく作業でもある。

いったん壊してゼロにして、今この瞬間に最適なものを構築しなおしていく。

でもまずゼロにしないと始まらない。

仰向けになって身体を床にすとんと落とす。
眉間辺りにちらちらっと動く思考を少しずつ取り除いていく。
奥歯の噛みしめ、喉の奥の緊張、胸やお腹の緊張を緩めていく。
自分の中の嫌な感情や思考は、大地に返していく。


特に腕や肩まわり、背中との関係は念入りにチェック。普段ピアノで疲れがたまりやすい部分だから。

ストレッチして発声して、身体の動きやつながり、空間、響き具合なんかを感じて、そしてようやくピアノ。


まずすべての筋肉がいつでも緩められる状態にならないと、適切に筋肉を使うことってできないと思うんです。

全ての筋肉が緩んだ状態。
このとき精神的には瞑想状態に近いです。

瞑想っていうのがこれでいいのかはよくわからないけど笑

たとえピアノに触る時間をあまり持てなくても、毎日この時間だけは削りません(^^)







今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

ブログランキングに参加しています♪
こちらをクリックお願いします♪



このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

小さい手でピアノを弾く

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

いよいよです!

ピアノの練習の仕方