ピアノの先生のお仕事

ピアノ関係のお仕事の中で一番人口が多いと思われるのがこれ。

ピアノの先生のお仕事です!


私ももちろんやっています、ピアノの先生。

今まで自宅が使えなかったため楽器店でだけ教えていましたが、今後は自宅でも生徒さんを募集しております。レッスン情報は記事の下にリンクを貼ってありますのでご覧ください♪


さて、ピアノの先生のお仕事ですが、

これはとても難しい仕事だと思います。

大学時代から教え始めていましたが、
最初は本当にうまくいかなかったです。

ええ、ほんっとうにうまくいかなかったです笑
当時の生徒さんには本当に申し訳なかったです笑

やはり経験がないと、生徒さんへの遠慮というものがどうしてもあります。どこまで厳しくしていいかなと探っているうちに、まぁこんなもんかな、と、遠慮が妥協になってしまう。

妥協が入ってしまったらもううまくはならないので、なんか弾けないなー、もういいかなーとやめる方向にだんだん進んでいくわけです。

どうしていいかわからず、逆に変に厳しくなってしまい、それでうまくいかなかったこともあるなぁ。

あとはピアノの生徒さんも、合唱団と一緒で、一人一人がピアノに対して求めるものが違うということもあります。

人前では弾きたくない、そんなにピアノピアノってそこまではやりたくない、という人から、

とにかくうまくなりたい、正直に厳しく指摘してほしい、という人まで


以前はそうゆうのをくみ取る力もなく、
自分がどうゆう生徒さんに向けてレッスンしたいのか(うまくなりたいと本当に思っている人を教えたいのか、そんなに一生懸命やらないでただ楽しみで弾きたいだけの人を教えたいのか)もよくわかってなかった。

今はそこははっきりしています。

私はうまくなりたいと本気で思っている方しか教えられません。
逆にその思いがあれば、今現在どんなに弾けていない状態であっても、楽譜が読めない初心者さんであっても、喜んでレッスンさせていただきます。
最低限の練習さえしていただければ、その人なりの最大限の能力を発揮させる自信はあります!


そして妥協は一切しません。できるまでやってもらいます。
とはいえ、時間をかけないとできないこともあるので、
そんなにびしびし厳しくというわけではなく、
あくまでリラックスして和やかに臨んでもらいます。


一生懸命やらずにただ楽しく、というのももちろんありだと思います。そういったレッスンを望む方も多いでしょうし、だからそうゆうレッスンができる人は世の中に必要です。

でもそのやり方は私には能力的にできないことなので、
できる方にお任せしようと思います。

ですが不思議と自分のスタンスがはっきりしてくると、私のやり方を必要としてくれる人だけが集まってくれるようになりました。

と、ピアノの先生としての心構えはそんな感じですが、
レッスンの内容に関しては、私がそれまでいろいろな先生方に習ってきたことそのまんまだと思います笑

あとは自分が普段練習しているときの感覚でレッスンしています。

ですから、普段の自分の練習に自信が持てるようになったときから、
ピアノのレッスンに関しても自信が持てるようになりました。

逆に言えば、私の普段の練習の質が落ちればレッスンの質も落ちる、ということになります。


まるで私の操縦する船に生徒さんを乗せている、そんな感覚ですね笑






今後の出演情報はこちら
プロフィール、レッスン情報はこちら

ブログランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします♪

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

小さい手でピアノを弾く

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

いよいよです!

ピアノの練習の仕方