ハープ始めました

この4月からハープを習い始めました!

前からアイリッシュが好きで、でも本業の方が板につかないうちは下手に手を広げてもいいことないかなーとずっと我慢してたんです。

でも遂に今月から始めることに♥

ということで、いわゆるクラシックで使用するグランドハープではなく、もう少し小さめのアイリッシュハープを習っています。

まだ楽器も購入してないので、とりあえず週1くらいで教室の練習室を借りて練習!

毎週月曜は杉並区の合唱団のお仕事なので、その前に千駄ヶ谷にある教室に寄ります。

こちらの青山ハープ教室さんは、なんと練習室料金が無料!



といっても最初は人差し指だけで音階を弾いてみたり、左と右で同じ音を弾いてみたり…という段階です。

ピアノと違って、じかに弦を弾いて出る音がなんとも言えないです。そしてこの楽器そのものの美しい形。

これ弾けるようになったらいいなぁ~~


ふと、5歳でピアノを習い始めたときのことを思い出しました。

バイエルとか、早く先進んでいろいろ弾けるようになりたい~ってワクワクしてたっけなぁ

楽器を始めるってこんなにワクワクするものなんだね。
もちろん何年も続けていくうちにいろんな困難も出てくるけど。
この感じを忘れずに、焦らず自分のペースで少しずつものにしていけたら、と思います。


それにしても新しいこと始めると、脳の普段使わないところめっちゃ使ってますね!

ただ1音出すだけでも弦の触れ具合とかすごく神経使ってます!

そしてハープも、手先で複雑な動きをする点や、音数が多い点はピアノと似ているため、
ピアノを弾くときと同じクセが発動する。

私はつい必死になると肩回りで流れを止めてしまうクセがあって、そうすると身体全体を使わずに先っぽだけで音を出してしまうんですよね。
意識してれば大丈夫だけど、必死になるとこのクセが発動します。
ハープもまだ初歩の初歩の初歩ですが、早くも発動。

わ~、おんなじだ~(^^;

不馴れな楽器で自分のクセを再発見することで、本業の楽器の方にも多くの気付きがありそうです。








このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

小さい手でピアノを弾く

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

いよいよです!

ピアノの練習の仕方