背骨と首

あーまた最近忘れてた~!

背骨と首!



これ、もう本当だいじ!

パフォーマンスする上で、一番意識したいのが、これです。
背骨と、その上に乗っている頭・首の自由さ。

ここをちゃんと意識できると、大体の細かいうまくいかないポイントは解決すると思います。

特にピアノは、前方下の方に鍵盤があるので、目線と一緒に頭と首の位置が前に落ちがち。

こうなってしまうと軸がはっきりしなくなり、強い衝撃に対しての抵抗力がなくなってしまいます。

例えば強い音を出したとき。
軸がしっかりしてればその衝撃を吸収してくれますが、
軸が弱いとその衝撃がダメージとなってどこかしらに溜まってしまう。

意識すると良いいろんなポイントがありますが、アレクサンダーテクニークでも背骨と首の辺りのことはまず最初に出てくるくらい大事なポイント。

ここを無視して細かいところにばかり目をやってしまうと、
幹のない枝のごとく、どんどん形骸化してしまう。


意識しては忘れ、また意識しては忘れの繰り返しです(^^ゞ



プロフィール、レッスン情報はこちら
今後の出演情報はこちら

このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

小さい手でピアノを弾く

7月8日コンサート・共演者紹介

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

おぞましさと憎しみと

合唱ピアニストのお仕事

ピアノの練習の仕方