「出来ない」はチャンス!

今の私が周りにどう見られているかわかりませんし、
昔の私が周りにどう見られていたかはわかりませんが、

今、私に音楽家としての価値を見いだしてくださっている方がたくさんいらっしゃるのを感じています。本当に有難いことです(*^^*)


それは、何かしら他の人にないものを持っていたり、他の人には出来ないことが出来るからなのかもしれませんが、

その「出来る」に至るまではむしろ、「出来ない」の連続でした。

不器用なほうなので、
100の出来ないを繰り返して1の出来るを得る、みたいな感じでした。

ただこれは、出来るようになるためには100回も失敗しないとダメなのね、という話ではありません。

失敗しないでも出来る方法はたくさんあります。
ただ私は不器用なのですんごく遠回りしてしまった、というだけの話です。


で、
遠回りした分すごく遅れをとってしまったのですが、
遠回りした分、真っ直ぐ順調にきてたら絶対に知り得なかったことも知ることもできました。

例えば、ピアノがあの手この手を尽くしてもうまくいかず行き詰まったので
声楽をやってみた。

ピアノが順調に弾けてたら絶対わざわざやらないです。

その結果今は、
歌とピアノの両方が分かっているところを評価していただくことが多くなりました。


ピアノが出来なかったからこそ得られた能力です。

そうこうしているうちに不思議とピアノのうまくいかなかった部分も解消されてた。



それまでは、私の「出来ない」はただの劣等感にしかなり得ませんでしたが、
今思えば「出来ない」はチャンスでしかありません。

今も出来ないことだらけですが、
ここからどう世界を広げていくか、と
むしろ出来ないことを見つけたらワクワクしてきます。
だってチャンスですから!








このブログの人気の投稿

ショパンと第9

岩崎結 プロフィール・レッスン情報

お花見

7月8日コンサート・共演者紹介

小さい手でピアノを弾く

シェークスピアシアター「お気に召すまま」

合唱ピアニストのお仕事

おぞましさと憎しみと

ピアノの練習の仕方